佐渡裕の音楽夢大陸

さどゆたか・の・おんがくゆめたいりく


sadoyutaka no ongakuyumetairiku
http://sadoyutakanoongakuyumetairiku.com
佐渡裕の音楽夢大陸のご紹介サイトです。


「佐渡 裕の音楽夢大陸 ヤング・ピープルズ・コンサート&ライブ名演集」のご紹介サイトです。

佐渡 裕の音楽夢大陸の実物大パンフレットをご覧いただきたい人はこちらをクリックしてください。


「ヤング・ピープルズ・コンサート」は、師匠・バーンスタインがはじめた、こどものためのコンサート。僕は、彼の遺産を受けついで、このコンサートを日本でやることにしました。

バーンスタインが、アメリカのこどもに音楽のユメを蒔きつづけたように、僕も、日本のこどもたちに音楽のユメを蒔き、いろんな色の花を咲かせたい。

「佐渡裕のヤング・ピープルズ・コンサート」は、「音」の楽しさを、本気でこどもたちに伝えたくてスタートした、僕のライフワークです。

5年、10年と、コンサートを続けていくうちに、僕を飛び越えて、ベルリンフィルの指揮台に立つようなこどもがあらわれたら・・・こんなにうれしいことはない!!と思っています。

こどもたちの音楽教育に熱心な先生方、お母さん、お父さん。まずは僕といっしょに音楽を遊んでみませんか?

佐渡裕
身長:187センチ
体重:82キロ
くつのサイズ:29.5センチ
誕生日:5月13日
血液型:B型
好きなたべもの:カツカレー
嫌いなたべもの:ピーマン
趣味:ゴルフ

プロフィール 佐渡裕(さどゆたか)
フランス コンセール ラムルー管弦楽団首席指揮者。京都出身(フランス在住)
小学校6年で、当時のクラスメートは誰も知らなかった指揮者カラヤンのまねをし、大喝采をあびた。大学ではフルートを先行したが、少年の頃に刻まれた「指揮者への夢」が強くなり、勉強を始めた。あるとき、憧れの指揮者バーンスタインに会いたい一心で、タングルウッド音楽祭のオーディションを受け、これを機にバーンスタイン最後の弟子となる。
現在、ヨーロッパを中心に活躍する世界的な指揮者となり、一流オーケストラと数多くの共演をしている。

大阪フィルハーモニー交響楽団
関西を代表するオーケストラ。個性と魅力あふれるオーケストラとして、人々に親しまれている。アメリカやヨーロッパでもコンサートを行い、海外の高い評価を得ている。

関西フィルハーモニー管弦楽団
2000年に創立30周年を迎えた関西フィルは、関西ならではの活気溢れるオーケストラとして個性的な活動を続けている。ローカリズムをテーマに、クラシックファンの裾野を確実に広げている。

京都市交響楽団
1956年、日本唯一の自治体直営オーケストラとして創立以来、京都市民の指示のもと発展を遂げてきた。95年からは京都コンサートホールに本拠地を定め活躍している。
シエナ・ウインド・オーケストラ
1990年、新進気鋭の若手実力派プレイヤーたち50名によって結成。若さ溢れるダイナミックな演奏と抜群の感性で多くの聴衆の心をつかみ、全国にファンを持つ。

「佐渡裕の音楽夢大陸」を推薦します。
全日本音楽教育研究会会長
武蔵野音楽大学学長
福井直敬
学習指導要領が目指す大きな目標の一つは、<音楽を愛好する心情と音楽に対する豊かな感性を育てる>ことです。これは音楽科として不易なものとも言えますが、この具体化には教師の力量もさることながら、児童や生徒を喜び溢れる音楽活動へ導く、適切な教材や素材が不可欠です。
「佐渡裕の音楽夢大陸」は、佐渡裕氏の指揮によるライブ演奏や、楽しいトークと解説により、児童や生徒が文字通り”夢”を描きながら、音楽の喜びを味わえるように構成された映像ソフトです。
教育現場で効果的に活用できるものと確信し、ここに推薦いたします。



商品の6つのポイント
T 話題の佐渡裕「ヤング・ピープルズ・コンサートを学校・家庭で、楽しみながら勉強できる。

U 佐渡裕のたのしいおしゃべりと指揮で、クラシック音楽の世界がぐーんと身近に!!

V 遊びを取りいれたプログラム。音楽授業の、あたらしい映像教材として活用できる。

W 「ライブ名演集」は、未発表得点映像つき。佐渡裕の情熱あふれるステージを観賞できる。

X 別冊ガイドブック(6冊)は写真やイラスト入り。佐渡裕本人が、コンサート内容をわかりやすく解説。

Y 佐渡裕がこどもたちへの熱い思いを語った、アルバム&インタビュー集(1冊)付き。

日本でいちばん”やんちゃ”な音楽、ここにあり。

「ヤング・ピープルズ・コンサート」
世界的指揮者・佐渡裕が日本のこどものために始めたコンサート。もともとは佐渡の師匠、レナード・バーンスタインが15年間もアメリカで行ってきた伝説のコンサートで、彼の没後、佐渡がこれを日本語にリメイクした。コンサートは、佐渡のやさしい語りではじまり、オーケストラや、客席のこどもたちと音楽のキャッチボールをしながら賑やかに進んでいくのが特徴。ゲストに、13歳のピアニスト辻井伸行くんを迎えたり、ジャズ・トランペッターの原朋直氏を迎えるなど、音楽の楽しさを多方面からこどもたちに伝えている。

佐渡の汗あり、1万人の涙あり。

「ライブ名演集」
佐渡裕が、情熱的に続けている大阪城ホールのコンサート「1万人の第九」からの名演集。音楽専攻の学生を集めてオーケストラを結成するなど、つねに、新しい挑戦を続けてきた佐渡のドキュメント映像のほか、ジャズ・ピアニスト山下洋輔など異ジャンルの音楽家たちとの共演も魅力。
コンサート終了後は5キロも体重が減るという、佐渡のパワーあふれるステージをご覧あれ。

子供たちに音楽の夢を!!佐渡 裕のコンサートマジック
バーンスタインの夢をつなぐ、佐渡 裕の「ヤング・ピープルズ・コンサート」&1万人で分かちあう感動。マエストロ佐渡 裕、情熱の「ライブ名演集」
おもしろくて、わかりやすい解説で音楽の魅力と感動を伝えます
@「ヤング・ピープルズ・コンサートガイドブック」
テーマ おはなし ステージ写真 指導ポイント
例 みんな、感じたことは違ってあたりまえ。むずかしく考えなくていいから、音楽を自由に感じてみよう。
    さらに、↓
A「ライブ名演集ガイドブック」
●こどもと学ぶ、ベートーヴェン
●子供と学ぶ、第九
●ライブ名演集楽曲解説
●「1万人の第九」写真集
例 みんなドイツ語で歌えるの? いっかいおぼえたら、カンタン、カンタン!
    さらに、↓
B「アルバム&インタビュー集
●佐渡裕とこどもたちのQ&A
●佐渡裕ロングインタビュー
●バーンスタインの思い出
●ヤング・ピープルズ・コンサート写真集

佐渡 裕 interview
ボクが「佐渡裕ヤング・ピープルズ・コンサート」を続ける理由。
100年後の日本のクラシックが、おもしろいか、今とおなじか・・・?
ボクにはその責任がある。

佐渡裕の音楽夢大陸の続きは、こちらをクリック